素潜り海の中もトップシーズンです。

最近、ウェイトを付けて素潜りすることを覚えて、ますます撮影の捗る水中ライフです。

先日は渡嘉敷島で一番THE慶良間であろうポイントで撮影してきました。

今年4回目です。

4月の頭から来ているのにまだ4回目です。

まぁ大人にはいろいろと事情があるんです。

おおよそ3週間ごとぐらいにこのポイントを覗きに行っていますが、

見るたびに魚たちの様子が変化しているのがわかります。

これぞ長期滞在の醍醐味ですね。

そして今回は、水中も夏本番な風景が見れました。

どれだけ見ていても見飽きないほどの魚たちの演舞です。

番外編を含めると3本の動画に渡るほど録画しまくりましたが、

とりあえず本編の2本を貼っつけておきます。

興味のない人には最初から終いまで全部同じに見えるんでしょうけど、

興味のある人にとっても全部同じかもしれません。

でもね。

どちらの動画も10分前後ぐらいにおさめておりますが、

私はこの景色を生で合計4時間以上見ていました。

あぁ私はきっと今、世界で一番美しい海を見ているんだな

まぁ、一番とか言っても、じゃあ二番はどことかそういう野暮な話ではありません。

ただ、そんな風に感じさせられる風景でありました。

そんで、この日のレアキャラはこれ

岩じゃないよ、オニダルマオコゼだよ。

ゴーレムみたいやね。すんげーいかつい顔!

危険生物です。

うっかり踏んで死んじゃったダイバーもいます

動画にも一応かろうじて動いている様子が映っています。No45の後半

そして、近頃の夕陽ってか夕空

(同僚が撮影

春頃の夕景も日本画のような繊細さと柔らかさで美しかったけど、

ここ最近のもすごい。

え?なに?世界が終わるの?

とか思うぐらいなんかすごい。

こんな風に、毎日のように絶景を目にする非日常のような日常の中で

感動の向こうにある、根源的な疑問に答えは見つかるのだろうか。

庭のさがり花も満開です。

itsmellsgood