長夏の養生法

漢方では梅雨が明けるころから秋までを長夏と言います。

暑いだけでなく湿気が多いのが特徴です。暑邪、湿邪

また五蔵で言うと脾胃腸の季節になります。

胃腸をいたわってやれ、ということですね。

ところが現代社会ではどうでしょうか?

暑いからといって冷たいものをがぶ飲みして。。

いや、暑いといっても室内に入れば強烈な冷房。

夏でも冷えに注意せねばなりません。寒邪

そんな状態でビールやジュースにアイスクリーム。。

暑邪や湿邪でまいっている胃腸にさらなる寒邪の追い討ち。。

脾胃腸は食べ物を消化してエネルギーに変える大事な臓器です。

そこがまいってしまうとエネルギーが出来ません。

その結果起こるのが夏バテです。

だいたい秋口に体調崩す人は夏に冷たいもの摂り過ぎですよ。

熱中症に気をつけて水分を摂るのも大事ですが

過度に体を冷やさないことが

現代の長夏の養生法では大切ですね。

ここでも胃腸を休ませてエネルギーを補給する酵素断食が役に立ちますよ。

腸活酵素断食主婦の友社

お近くの書店、もしくはアマゾンでお買い求めください!

広告を非表示にする